引越し見積もりに必要な荷物リストの作成

引越し日と自分の引越しのスタイルが決まったら、当日の引越し開始時間と終了時間を決めておきましょう。
「何時スタートして何時に終了したいのか」「不動産屋に鍵を取に行く時間など、引越し業者にとって余分な時間がかからないか」「時間によって金額が変わるのか」

「自分はどうやって新居まで移動するのか、移動手段は?移動方法は?」などを、はっきり引越し見積もりの時に伝えられるようにしておきましょう。

引越業者のトラックなどに同乗しての引越しは違反となっております。もし、同乗できるという業者さんがいれば注意が必要です。

引越業者の本音は「段取りの悪いお客様は、荷づくりの段取りも悪い。従って当日はしんどいから高めに見積もろう」という考え方が多いようです。

時間の概念がしっかりしていると、段取りの良い人と言う良い印象につながり、引越し見積もりの際に安めに設定してもらえる可能性も大です。

決して偉そうぶらずにあくまで希望意見として伝えましょう。
その方が、業者から「何時までなら安くなます」といった話も聞けるかもしれません。

引越し見積もりをする前に引越しのスタイルを決めておこう

引越し日が決まったら、次に自分自身が引越しの手伝いをするのか、しないのかをはっきりさせて、引越し見積もりの依頼をしましょう。

「業者に頼むのだから一切手伝う気はない」「少しでも安くなるなら手伝う」「手伝う気持ちはあるけど、どの程度手伝えば良いかわからない」などの意思表示を決めておきましょう。

もちろん業者によって「手伝ってもらっても安くできないので手伝い不要」「少し安くするが手伝い不要」「手伝ってくれるなら安くする」など様々です。自分のスタイルと業者のスタイルが同じ方が当然納得のいく引越し見積価格が出ますし、当日の引越し作業もスムーズに行えると思います。

それに自分のスタイルがはっきりしているお客様だと、業者からの印象も良くなり、荷づくりに問題ないと判断されやすいため、引越し見積もりも安くなる可能性もあります。

間違っても「当日梱包や荷づくりをがんばります」と言うことは避けましょう。
これは当日までに済ませておく作業ですので注意して下さい。