引越し見積もりの前に引越し希望日を確定しよう

まず引越し業者が注目する点はどこでしょう?それは「このお客さんは荷物をまとめる能力があるかな」という点です。
引越し当日に、バッチリ梱包出来ているお客様もいれば、全くと言っていいほど出来ていないお客様もいます。

そこで違ってくるのが作業効率です。そして業者のやる気にも影響しますし、お客様の梱包が不十分であれば、それだけ余分に時間もかかるし手間もかかり、次のお客様の予定もずれてくることにも繋がります。

ただ引越し見積もりの段階では、荷物をまとめている訳ではないので、担当者の判断によるものと言うことになりますが、色々なやり取りの中からこのお客様は荷物をまとめる能力があるかを探ろうとするのです。

そこでもし、「段取りが悪そう」と判断されてしまうと、高めに見積もりを設定される可能性も出てきます。例え何社からの引越し見積もりを出してもらったとしても、全ての業者から「この人段取り悪そう」と思われたら、高い金額ばかりでの見積もり検討になってしまう可能性もあります。

そのため段取り良く見せるために、引越し日が何日と確定してから業者に連絡するようにしましょう。

引越し見積もりの金額を減らす一工夫

引越し見積もりの金額は荷物の量により変わります。荷物の量からトラックの大きさが決まり、トラックの大きさによりスタッフの数も違います。単身者の場合は比較的荷物が少ない為、軽トラックや1t車、1.5t車で積むことができると思います。

この場合スタッフは1人~2人付きます。ファミリーの場合は荷物も多いので4t車を使用するでしょう。
4t車が2台、3台ということも珍しくはありません。4t車1台には目安として4人のスタッフが付きます。
荷物が多ければ多いほど、トラックの他に人件費も掛かるので引越し見積もりの金額は高くなります。

荷物の中には捨てるに捨てられず、クローゼットの中に眠っている物も多くあると思います。要るものと要らないものを整理し、荷物の量を減らすことで引越し見積もりの金額を安くできるのです。

また、自分たちで荷造りをすることにより、人件費を削減することができます。工夫一つで引越し見積もりの金額を節約することができるのです。