時期をずらすだけでこんなに違う引越し見積もり

引越しは新年度に合わせて行う人が多いと思います。荷物をまとめ新居や引越し業者を選び限られた期間の中で行わなければなりません。最も忙しくなる3月~4月は引越し見積もりの相場も通常の1.5倍~2倍以上になるのです。

引越しは進学、就職、転勤と新たなスタートを迎える人だけではありません。家が手狭になった、マイフォームを購入した、結婚をした、駅から徒歩圏内の利便性のいいところに引越ししたいなど様々な理由があります。

このように新年度を迎える為の引越しでなければ、引越しをする時期を自分で選ぶことができます。
必ずしも繁忙期である3月~4月に引越しをしなければいけない訳ではないのです。引越し業者が閑散期となるのは1月、6月、10月~12月です。

この時期は引越し見積もりが安いだけではなく、希望に近い値引き交渉にも応じてくれることが多いのです。また、引越しの日を平日にしたり午後したりすることで更に引越し見積もり金額を安くすることができます。

値引き交渉できる引越し見積もり

春になると新年度を迎える準備でいろいろと忙しくなります。進学や就職、転勤などにより引越しをする人も多いのです。引越し業者の繁忙期となる3月・4月は引越し見積もりの料金も高く、閑散期比べ2倍以上になることもあるのです。お金が掛かる引越しは、いくら繁忙期とは言え少しでも安くしたいものです。

引越し見積もりを1社にお願いしたところで、安いのかどうかは分かりません。複数の業者に引越し見積もりを依頼することで比較することができるのです。引越し見積もり金額の相場や業者の対応も知ることができます。

業者によっては段ボールやガムテープ、カーペットの処分などをサービスしてくれるところもあるのです。
引越し見積もりは実際に家に来て確認し、その場で計算して出してもらえます。

引越し見積もりの返答はすぐにしなくても構いません。他業社と比較して決めることができます。
また、値引きの交渉をすることも可能なのです。相場に合った値引きは応じてくれる業者も多いのです。

交渉